結婚式とは

結婚式とは古くから世界各地において行われている儀式であり、その様式は、宗教的なものと伝統的なもの、行政として行われているものに分けられます。

宗教的なものとしては、教会で行われるキリスト教の結婚式がありますが、これは教派によって様式だけでなく、新郎新婦が信徒であるかどうかなどの点でも制約があります。

ただし、どの教派でもある程度の例外を設けていて、日本でもカトリックの教会を使用して信者でない新郎新婦が結婚式を挙げたい場合には、教会で行う結婚講座に出席をして学ぶ事で式を挙げる事を許可している例もあります。

日本での宗教的な結婚式は、最も一般的に行われている事もあって神前での結婚式が最も知られていますが、古くから行っていたわけではなく、明治時代になってから皇室での結婚式が世に知られるようになり、その影響から行われるようになったもので、この神前式の様式についてはこの時に当時の神宮奉斎会が決めたものです。

また、同じ頃、仏前での結婚式の様式も立正安国会によって決められ、日本では家で挙げられていた結婚式が変化を迎えた時代となりました。

この後戦後を迎えた日本では、高度経済成長の中で結婚式や披露宴を行うためだけの結婚式場が誕生し、欧米への憧れもあってウェディングドレスやキリスト教式な結婚式が挙げられるようになります。

今では日本で行われる結婚式は、宗教に左右されず、新郎新婦の好みの様式で自由に選び挙げられています。



[PICK UP]
新郎新婦の好みに合わせた結婚指輪をオーダーできます。
⇒ ⇒ 結婚指輪